プロパンガス料金の適正価格とは

正確にはプロパンガスに適正価格は存在しません。

プロパンガスは公共料金ではなく自由料金であるため、ガス料金はプロパンガスの供給会社が自由に決めてよいことになっています。いくつかのサイトで独自に適正価格を割り出しているところがありますが、目標は都市ガス並みの料金であること、つまり、利用者も納得できてかつ事業者にも利益が出る料金設定をベストと考えているところが多いです。都市ガスと比べるとプロパンガスのガス料金は1.5倍から2倍程度も高いことが当然となっています。

ガス料金は使っても使わなくてもかかる基本料金と、1㎡あたりの使用量にかかる重量単価から構成されています。極端に言うと、基本料金を0円で販売しても2000円で販売しても、よいことになっているのが現状です。プロパンガスのガス料金が適正価格あるいは地域ごとの平均価格に比べて高いかどうかは、サイト内の料金自動診断で確認することができます。必要なものはガスの検針票もしくは請求書です。使用量と請求額、戸建てか集合住宅かなどの情報で自動で割り出すことができます。

このようなサイトで問い合わせを行うと、原油価格の高騰や、為替レートの変動以外では値上げをしない会社を探すことができます。このような会社を無料で紹介し、乗り換えのサポートをしてくれる場所もあります。ただし会社を変更するにあたっては、集合住宅の場合大家の承諾が必要であったり、戸建ての場合も築年数に縛りがあったりなどいくつかの条件があります。
ガス料金の適正価格のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *