不動産の賃貸の空室期間を推定する方法

賃貸の不動産の中には、空室期間の長いものもあります。

空室期間が長くなって誰も住んでいない状態になると部屋の中が荒れてくるものですが、そうなると入居者が見つかりにくくなりますから、空室であっても清掃くらいは定期的に行っているものです。ですから、長い間空室になっていたのかどうかと言うのは見ただけでは判断が難しいです。誰かがその前まで住んでいて引っ越ししたばかりの物件と、長い間空室になっていた物件とではどちらが良い物件でしょうか。

一概には言えませんが、人気のある物件なら空室期間は短くなるでしょう。優良な不動産は数が少ないですから、空室が生じにくいです。一見すると良い物件なのに空室期間が長いと言うことは、何か訳があるのかもしれません。空室期間が短ければ有料だと言い切ることはできませんが、参考までに空室期間を知っておくのは良い方法です。その方法は簡単で、ガスメーターの近くにあるタグを見ると良いです。

ガスは立ち会いの下に開栓や閉栓が行われます。前の入居者が胎教したときには閉栓の処理が行われ、その日時がメーターの近くのタグに記載されていますから、それで退去した日が大まかに分かります。不動産の管理会社がまじめに募集活動をしなかったために空室が続いている物件などもありますから、空白期間が長いからといって劣悪な物件だと決めつけるのは良いことではありませんが、空室期間がどれくらいあったのかを知ることは参考になるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *