注文住宅を建てる際の注意点

マイホームを建てるときに一番自分たちの理想に近い家を建てることができるのは、注文住宅です。

しかし、注文住宅を建てる際には、気をつけなければならない点がいくつかあります。土地を所有していない場合は、土地探しからはじめなければなりません。その際に建築条件が自分たちの理想の家にあっているかを確認する必要があります。例えば建ぺい率や容積率などの基準は土地の所有地によって違ってきます。どんなに土地が広くても建ぺい率が少ないと、土地に対して小さめの家しか建てることができません。

また、土地があるエリアが住宅地として登録されているのかも確認してください。商業地や工業地域に指定されている場所ですが、後々自分たちの家よりも大きな建物が建つ可能性があります。これらのことは、不動産会社に確認すればすぐにわかります。注文住宅の場合、ガスや水道がすぐにひくことができる立地かも大切です。

ガスは都市ガスかプロパンガスかによって光熱費がかわってきますので、注意がひつようです。大手のハウスメーカーでしたら、建築部門とは別に不動産部門が併設されている場合が多いので、自分たちで土地を探す手間が省けます。土地には消費税がかかりませんが建物には消費税がかかりますので、予算を決めるときには注意しておきましょう。せっかくのマイホームを考えているなら、一度は注文住宅を検討してみると、他の物件との比較がしやすくなるので、お勧めです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *