オール電化にするなら新築時が最適

オール電化住宅にするなら新築の際が最もお得となります。

都市ガズの配管が不要になるからです。その費用がまるまる浮きます。また、オール電化住宅で太陽光発電システムを取り入れると諸費用がかなり抑えられるため、オール電化住宅で太陽光発電システムを導入している例は非常に多いわけですが、太陽光発電システムを導入するのも新築時が最も適しています。最も効率的に発電できるよう、設計できるからです。

屋根の向きや勾配、面積、位置などを太陽光発電システムに最適となるよう合わせることができます。太陽光発電システム導入には初期費用がかなりかかりますから、発電をより効率的におこない、早く初期費用の回収ができるようにすることが大事になります。新築の際は、それをかなえる絶好のチャンスです。夏は一般的に日中の発電量に心配はなく、冷房に必要な量を問題なくたいがい賄えるようですが、問題は冬です。

冬の暖房を電気に頼ることになり、しかし冬にはどうしても発電効率が落ちます。それをいかに防ぐかの対策が、最初からできるのは大きな利点です。ガスも石油も使わず、通年電気だけで過ごせるのは非常に快適のようです。やはり、室内の空気が汚れないことが最大のメリットでしょう。太陽光発電システムの普及が進むにつれて、オール電化住宅も増えていくものと推察されます。今後は買取価格が下がっていきますので、電気を自家消費できるメリットはますます大きくなっていくでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *