給湯器交換の目安ってどのくらい

給湯器は壊れてから交換することが多いと思いますが、それだとどうしても急に壊れて突然お風呂に入れなかったり、まして寒い季節なら冷たい水で我慢をしていられないほどだと思います。

こういったことから給湯器交換は少し調子がおかしくなったことに気が付いた時点で点検などをして、それでダメなら交換をしなければいけません。こうした突然の給湯器故障などはすぐに交換または修理などを行わなければいけませんが、まずは専門家である業者に相談して、そして見積もりをしているとどうしても手間隙掛かってしまいます。

となると今度は急いでいることもあり、冷静に判断できないまま高額な給湯器を買わされることにもなりかねません。なので給湯器交換を突然にして行わなければいけない状況を作るのではなく、余裕を持って交換をすることができるよう事前に交換目安というものを知ることが大事です。また交換を想定して、より評価の高い業者などを調べて連絡先をメモしておくのも良いことでしょう。

ところで、給湯器交換の目安としての期間とはどれくらいなのか?基本の寿命としては約10年から15年ほどとなっています。経年劣化による故障なので、小さな故障が多発するようになれば、もうそろそろ交換時期にさしかかっているかもしれません。症状としてはお湯になるのが遅い、ガス臭い、寒い時期の着火遅い、などがあれば給湯器交換を考えておきましょう。また機器も生産終了から10年経過すると部品が無くなるので、その点も考慮しておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *